suzu発熱で呼び出し

何度経験しても、職場への保育園からの電話は出る度に心臓がドキドキします。

今日、午後睡眠から起きての検温でsuzuの体温が39.4℃になっていてお迎えの電話がありました。
すぐ迎えに行こうと思いましたが、冷静に考えて私の父に電話をし父に迎えを頼み、suzuを職場まで連れてきてもらうことに。

そのまま職場の救急センターの小児科で診てもらいました。
その時点では38.8℃で、機嫌もよく水分も十分とれていたので一安心。
確かnonちゃんも一歳の秋に初めて中耳炎の発熱で高熱がでたことを思い出し、インフルエンザを疑っていた私はsuzuも中耳炎ならいいのにな。と考えながら診察へ。

予想は外れ、喉が赤く、喉から来るウイルス性の発熱という診断でした。
インフルエンザは発熱後6時間以上あけて検査をしないと、診断がつかないのでしませんでしたが
先生によると診た感じはインフルエンザではなさそうということでした。
明日も様子を見て熱が下らなければ、受診するつもりです。
nonちゃんはというと、姉妹がいれば離れて過ごすほうがいいということで、今日一日おじいちゃんの家へ一人でお泊りです。

寝る前に計ると37.7℃に。
このまま熱が下って良くなりますように。
[PR]
by myan1201 | 2009-10-19 23:47 | 子供たち
<< -と+ BBQから焼き鳥へ >>